イベントナース 求人 募集

イベントナースは未経験OK!経験年数は関係ない!?


イベントナースの求人で経験を問われることはあるの?

 

イベントナースは、特別な資格は必要ありませんし、経験を問われる事もないので、未経験でも安心して働けます。
ただ、マラソン大会のようなスポーツイベントの時には、経験が問われる場合があります。
スポーツ系のイベントや大会というのは、大きなケガやトラブルが起きるリスクが高く、イベントによっては、ドクターカーや医師が待機している場合もあります。
その為、緊急事態が起きた時に、看護師も救急対応ができるように、救急対応の経験がある看護師が条件の募集もあります。
しかし、一般的なイベントの場合は、救急対応が必要となるケースはほとんどないので、経験を気にする必要はありません。
イベントナースというのは、複数名の看護師と一緒に働くので、いろいろな情報を得る事もできます。
イベントナースをしている方の中には、臨床経験がないという方もいます。
単発派遣を掛け持ちして働いているだけで、病棟勤務の経験がない方も、一般的なイベントの救護室待機の仕事であれば、困る事はありません。
救護室を訪問するのは、症状を見て簡単な対処ができるようなケースの方がほとんどで、病棟勤務のように、知識や経験が必要となるケースはまずありません。
それに、イベントナースは、点滴や注射をする機会がほぼないので、それらの医療行為が苦手な方も安心です。
イベントナースは、いろいろな方と接する仕事なので、臨床経験よりも、コミュニケーション能力が必要とされるかもしれません。

 

 

 

イベントナースに大事なのはコミュニケーション能力

 

イベントナースは、事前打ち合わせや報告を、主催者側と行っています。
事前打ち合わせでは、いざという時の為に、緊急時の対応や、最寄りの医療機関の場所などの確認を取っています。
このような時に、コミュニケーション能力に問題があると、聞きたい事が聞けませんから、業務に支障が出てしまう可能性があります。
それに、イベントナースは、複数の派遣看護師と一緒に、養護室で待機をしています。
一般的なイベントでは、訪問者がそれほど多くなので、派遣看護師と会話をする時間が沢山ありますが、初対面の方と話すのが苦手な方の場合は、この時間がとても苦痛になります。
さらに、救急対応が必要になった時にも、他の看護師と連携を取って対処する必要があるので、コミュニケーションが取れていれば、仕事をスムーズに進める事ができます。
それに、イベントナースは、養護室を訪れる方とは初対面です。
養護室を訪問する方は、ケガや体調不良で不安になっていますから、看護師が声をかけたり処置をする事で、安心感を持たせてあげる必要があります。
このような環境で仕事をしていますから、コミュニケーション能力があって、人間関係を築くのが好きな方が向いています。

 

 

 

救護室ナースは複数対応なので安心

 

イベントの規模によっても異なりますが、イベントナースは、複数の看護師が一緒に救護室で待機をしています。
ですから、分からない事や不安な事があれば、お互いに確認し合う事ができます。
大きなトラブルになる事はほとんどない仕事だとは言っても、1人で対応するとなると、不安に思う方も沢山います。
でも、他の看護師はもちろん、主催者やスタッフが近くにいますから、連絡がすぐ取れますし、経験年数が少ない方や未経験の方も、安心してできる仕事です。