イベントナース 求人 募集

イベントナースには特別は資格は必要なし!


 

イベントナースは特別な資格が必要!?って思われる理由(´;ω;`

 

テレビドラマの影響もあるのか、救護室の仕事というと、特別な資格がないと働けない、というイメージを持っている方が沢山います。
おそらく、重症患者さんが沢山運ばれて来て、看護師がバタバタと走り回って、救急対応をバリバリやっている、そんな状況が想像されるのだと思います。
しかし、実際には、救急対応が必要なほどの重症度が高い方が運ばれてくる事はまずありませんから、救急対応の経験がなくても全く困らない仕事です。
救護室を訪問して来る方は、ほとんどが軽いケガなど、救護室で簡単に対応できる症状の方ばかりですし、訪問者が全くいない時間帯もあります。
高齢者が誰かと話しをしたくて救護室にやって来る、というケースもあり、比較的にゆったりとした現場がほとんどです。

 

 

 

救急対応への苦手意識が強い看護師が多い!

 

病棟勤務をしていると、特に外科病棟の場合は、緊急入院や緊急オペ、急変が一日に何件もあり、常に緊張が張り詰めているといった状況です。
その為、救急対応について苦手意識を持っている看護師が沢山います。
でも、救護室待機の場合は、重篤な状態の方が訪れる事はほとんどないので、精神的に楽な気持ちで働けます。
しかし、時には、心臓発作や脳梗塞の前兆発作などの高齢者が訪れる事もあります。
そのような時には、救急車を要請して、医療機関の受診をしますが、救急車が到着するまでの救急処置は、看護師が行わなくてはいけません。
ただ、救急対応というのは、幅広い対応方法があるわけではないので、いくつかの対処方法を身につけていれば、困る事はありません。
救護室には、限られた医療機器や薬品しかありませんし、救急バッグが用意されていても、あまり役には立ちません。
救急車が到着するまでは、落ち着いて経過を観察して、救急対応を行う必要があります。

 

 

 

救急経験があって良かったと思うこと

 

イベントナースの仕事は、特別な資格や経験は必要ありません。
救護室待機の仕事というと、救急対応の経験が必要だと思っている方もいますが、救急対応が必要となるような重症度が高い方が訪れる事はほとんどありません。
ただ、救急対応の経験があると、救急車の要請が必要になった時に、救急隊に的確な申し送りができます。
救急車が到着すると、救急隊がイベントナースに状態を聞いてきます。
私達看護師もそうですが、救急隊の方は、訪問者についての情報が全くわかりません。
ですから、付き添いや家族や友人に、普段の様子や既往歴などを確認しておきます。
状態によっては、一分一秒を争いますから、的確かつ正確に状況を報告する事が重要です。
いざと言う時には、救急対応の経験が活かされます。