イベントナース 求人 募集

AEDを使うことも!?イベントナースの救護業務とは?


救護室ではAEDを使うこともある!?

 

最近は、コンビニなど、街のいろいろなところにAEDが設置されているので、目にする機会がかなり増えました。
そのせいか、身近な物だと感じている方も多いと思います。
イベント会場でも、救護室の中や会場の受付の周辺、それに、近隣の公的施設にAEDが設置されている事があります。
でも、看護師であれば、AEDをスムーズに使えなくてはいけない、とうわけではありません。
一般的な知識として、スムーズに使用できるほうが良いかもしれませんが、たとえ看護師であっても、使用方法に自信がない方が沢山います。
それに、イベントナースをしている時に、AEDが必要になる場面というのはほとんどありません。
イベントナースの業務は、複数の看護師と一緒ですし、スタッフも回りにいるので、不安になる必要はありません。
ただ、操作はとてもシンプルで簡単で、医療関係の資格を持っていない方でも使えるようになっていますから、すぐに慣れる事ができます。

 

 

 

イベントナースの救護業務について

 

イベントというのは、屋内で行われたり屋外だったり、各イベントによって状況が異なります。
一般的に、救護室はイベント会場に1ヶ所用意されていますが、大規模なイベントの場合は、数ヶ所に救護室が設置されている場合もあります。
例えば、人気が高いディズニーシーのイベントナースでは、看護師の事をナースキャストと呼んでいます。
救護室では、体調不良の方やケガをした方のケアを行っていますが、治療はしていません。
ケガの処置とは言っても、救護室で行えるケアは軽度の物です。
救急バッグに用意されている、絆創膏やガーゼで処置ができる程度のケガのみで、それ以上のケガについては、医療機関を紹介したり、受診の手配をしています。
パーク内で比較的に多いケガというのは、靴擦れや転んでできた擦過傷なので、救護室で簡単に処置ができます。
ディズニーシーでは、急病の方の対応も行っていますが、治療はしていません。
ベッドで休んでもらい、症状が改善しない場合は、医療機関ヘの受診を勧めて、状況によっては、受診の手続きを代わりに行います。
病院までの交通手段の手配も行いますが、看護師が医療機関まで同行する場合もあります。
ディズニーシーには、ミニバンの救急車両が用意されていて、救急搬送の時に使用されています。
救急搬送が必要になった場合には、看護師も同行して、医療機関の受診に付き添います。
救護室でできるケアというのは限られていますから、急病人が出た場合には、まずはベッドで休んでもらいます。
そして、回復が見られない場合には、医療機関の受診という流れになります。

 

 

 

ディズニーシーの救護室ナースは単発派遣はないの?

 

ディズニーランドのイベントナースは、希望者が多くてとても人気がありますが、フルパートの勤務体制になるので、単発派遣の求人を見つける事はできません。
ディズニーランドのイベントナースをする為に、特別な資格などは必要ありませんが、長時間救護室がオープンしているので、ローテーションの業務となり、想像しているよりもハードかもしれません。
土日を含んだ週5日以上、1日7時間以上の勤務、といった条件もあります。
ディズニーランドでは、お客様が安全に楽しく過ごしてもらう場所を作る事を重視しているので、お客様への対応については厳しい面もあります。
お客様の対応をする時には、正しい日本語で敬語を使う事が決められていますし、雰囲気も大切にしているので、救護室は明るくて、まるでホテルのようなリラックスできる空間になっています。
救護室内で待機しているので、残念ながらパレードなどを見る事はできませんが、熱気や歓声は伝わってくるので、楽しみながら働ける仕事です。